映画

【宇多田ヒカル】さんが好きな映画「 たそがれ清兵衛」

たそがれ清兵衛

宇多田ヒカルさんが「Official Website」で、たそがれ清兵衛を絶賛。山田洋次監督が、藤沢周平の原作を初映画化した、アカデミー外国語映画賞にノミネートされるなど国内外で高く評価された日本映画史に残る時代劇の最高傑作。


宇多田ヒカルさんの大絶賛コメント

美しい宮沢りえさん目当てで観に行ったんだけど、大切なことだけを大切にしたシンプルなストーリーに、泣いてしまったよ。

Official Website」2002.11


「たそがれ清兵衛」の動画配信を比較

定額見放題レンタル月額料金無料期間
amazon prime400円500円30日
Netflix990円なし
U-NEXT 2,189円31日
Hulu1,026円2週間
〈2021年6月1日 時点〉

「たそがれ清兵衛」のあらすじ

幕末の庄内地方、海坂藩。下級藩士の井口清兵衛は妻を病気で亡くし、幼いふたりの娘、年老いた母と質素な生活をしていた。ある日、幼なじみの朋江を救ったことから剣の腕が噂になり、上意討ちの討手に選ばれてしまう。


受賞歴・クレジット

第76回アカデミー賞「外国語映画賞」ノミネート

監督出演再生時間レーティング
山田洋次真田広之
宮沢りえ
129分なし

-映画
-

© 2021 パパラッチイズム